良い人材を確実に採用

ピックアップコンテンツ

カテゴリ:中途採用の世界

経験豊富な中途採用者

採用担当者は中途採用支援を活用すべき 考え方の古い経営者や役員などは、人材など…

記事を読む

カテゴリ:中途採用の世界

企業と求人者双方にメリット

新卒よりも中途採用支援で中途採用を 近年は企業に対しての忠誠心も薄れているよう…

記事を読む

カテゴリ:良い働き手

企業にとっての「人材獲得」

賢い企業は中途採用支援をお願いしています 最近の採用事情は人間の争奪戦になって…

記事を読む

カテゴリ:中途採用の世界

中途採用の明るい話題

正社員の中途採用支援を積極的に行う 採用関係では、正社員の中途採用支援システム…

記事を読む

中途採用支援でスピーディーな採用を実現

企業の将来は人材にかかっているというのは、何も大袈裟な話ではありませんよ。実際に優秀な人材が辞めていったことで傾いていった企業は数知れず、設備投資と同じくらい、いやそれ以上に重要なポイントであると言えます。しかし、それは分かっていても優秀な人材を獲得するのって容易なことではないんですよね。例えばそれなりの給与を出せる余裕があったとしても、その企業を優秀な人材が見つけてくれるかというと難しかったりしますからね。
そこでまず最初のロスが発生するわけですが、これがライバル企業などに人材が渡ってしまった時のロスは笑って済ませられるレベルを超えてしまいますよね。ですので、採用に関してはスピーディーに実行することが肝要なわけです。こうしたノウハウを身に付けるには相当な時間と労力を要しますので、やはりここは専門の会社にお願いするのが近道でしょうね。
特に中途採用支援を行っている会社はこうしたノウハウの宝庫になっていますので、優秀な人材を獲得するための道筋をしっかりとシステム化して示してくれるでしょう。ですので、全幅の信頼を置いてしまっても問題ないですよ。餅は餅屋と言いますが、採用システムに関しても専門の企業を介するのが良いでしょう。少なくても失敗したと痛感する可能性は減りますよ。

中途採用支援を活用して優秀な人材を確保する

近年、失業率は低下傾向にあり、職種によっては人材不足が顕在化しだしています。しかし、一方で大卒の就職者の30%が3年以内に離職し、再就職するという状況も続いています。こうした背景の中、中途採用で優秀な人材を確保する事は重要性を増しています。新卒での定期採用では、人材のミスマッチが生じ、そのため離職率も高くなっており、中途採用ではそうしたミスマッチなく、優秀で即戦力の人材を確保したいと考えるのは当然でしょう。
しかし、一般的な中途採用の求人情報をいくつかのチャンネルで流すだけでは、応募者は確保できても、中々良い人材に巡り合う事が出来ないのが、企業側の悩みとなっています。こうした中途採用で、優秀で即戦力の人材を確保するには、やはり中途採用支援を活用するのがベターです。定期採用以上にターゲティングを明確にするコンサルティング、優秀な人材を集めるプロモーション、そして採用面談まで一連の業務をサポートまたは代行してもらう事で、求める人材の確保が自社で行う以上に効率良く実施する事が出来るのです。
また、必要に応じて入社前の事前研修まで実施してくれる中途採用支援会社もあります。大企業では人材採用部などの専門部署を持っている所もありますが、そうした部署がなく採用のプロが少ない中堅・中小企業では、こうした支援システムを受ける事はある意味必須と言えるかも知れません。

今後も随時追加予定のAPIにより、仕事の効率が上がる様々なサービスと連携させることができます。 都市部メインですが、地方もWeb商談でご対応可能です。 テンプグループ、インテリジェンスブランドが培ってきた、人材獲得の知恵とノウハウが凝縮された採用管理システムです。 多様なダッシュボードでKPIをリアルタイムに可視化! 直観的に使いやすい!中途採用支援システムはこちら

新着記事リスト

中途採用の明るい話題

正社員の中途採用支援を積極的に行う 採用関係では、正社員の中途採用支援システムを積極的に行う事が大事になります。今では、本当は正社員として勤務したいけど、なかなか採用をもらう事ができずに、仕方なく非正規社員…

記事を読む

企業にとっての「人材獲得」

賢い企業は中途採用支援をお願いしています 最近の採用事情は人間の争奪戦になっているため、とにかく企業のネームバリューがある方が圧倒的に有利になります。ですので、ネームバリューの無い企業にお勤めの採用担当の方…

記事を読む

経験豊富な中途採用者

採用担当者は中途採用支援を活用すべき 考え方の古い経営者や役員などは、人材など勝手に集まって来るものと勘違いしていますよね。こうした考えの下で働かなくてはならない採用担当者の方は、本当にご愁傷様と言いたくな…

記事を読む